トップ > 「友情のために乾杯」1分間会話例‥   

「友情のために乾杯」1分間会話例と文法

今回は「程度補語」と呼ばれる「動作や物事の性質の程度を説明する補語」について説明します。

あまり良くわからない語の分類にはこだわらず、動詞と程度を表す形容詞の間に「得」を入れて作られる構文について、このような形の文があるということを覚えてください。

1.程度補語
2.程度補語と目的語

■例文

私たちの友情のために乾杯!
为我们的友谊干杯!
wéi wǒmen de yǒuyì gānbēi

干杯

请这儿坐。
qǐng zhèr zuò

我过得很愉快。
wǒ guò de hěn yúkuài

您喜欢喝什么酒?
nín xǐhuān hē shénme jiǔ

为我们的友谊干杯!
wéi wǒmen de yǒuyì gānbēi

这个鱼做的真好吃。
zhège yú zuò de zhēn hǎochī

你们别客气,像在家一样。
nǐmen bié kèqi , xiàng zàijiā yīyàng

我做菜做得不好。
wǒ zuòcài zuò de bùhǎo

你们慢吃。
nǐmen màn chī

どうぞ、こちらにおかけになって下さい。
 

とても楽しく過ごしています。
 

お酒は何がお好きですか?
 

私たちの友情のために乾杯しましょう。
 

この魚は本当においしいですね。
 

どうぞお家にいるつもりで遠慮しないで。
 

料理は上手ではありません。
 

どうぞごゆっくり召し上がって下さい。
 

 

 

■文法ワンポイント

1.程度補語

1.程度補語
動作や物事の性質の程度を説明する補語は、「程度補語」と呼ばれます。
一般的に形容詞が簡単な程度補語として用いられます。
動詞とその程度補語の間には構造助詞の「得」を付加しなければなりません。
例えば、

(1)我们休息得很好。
 wǒmen xiūxi de hěnhǎo

(2)玛丽,大卫他们玩儿得很愉快。
 mǎ lì , dàwèi tāmen wánr de hěn yúkuài

程度補語の否定形は、程度補語の前に否定副詞「不」を動詞の前に用いることはできないことに注意が必要です。
例えば、

(3)他来得不早。
 tā láide bù zǎo

(4)他生活得不太好。
 tā shēnghuó de bùtài hào

程度補語を用いた文の反復疑問文は、程度補語の肯定形と否定形を重ねてつくられます。
例えば、
(5)你休息得好不好?
 nǐ xiūxi de hào bùhǎo

(6)这个鱼做得好吃不好吃?
 zhège yú zuò de hǎochī bùhǎochī

2.程度補語と目的語
動詞が目的語をもち、かつ程度補語と目的語を伴うときには、目的語の後に「得」と程度補語の前にその動詞を繰り返さなければなりません。
例えば、

(1)他说汉语说得很好。
 tā shuō hànyǔ shuō de hěnhǎo

(2)她做饭做得很不错。
 tā zuòfàn zuò de hěn bùcuò

(3)我写汉字写得不太好。
 wǒ xiě hànzì xiě de bùtài hào


 
前:「歓迎いたします」1分間会話例と文法<  >次:「ご参加下さい」1分間会話例と文法
 

a:820 t:2 y:1