トップ中国のあれこれ > 中国の住まい

中国の住まい

 中国の家は日本の家と違って木製ではなく、全て鉄筋コンクリート
 で作られています。

柱と壁

 しかし日本の鉄筋コンクリート製とは少し違います。
 4階建てか5階建てが多く床や天井はコンクリートで、壁はれんが
 積みで表面は漆喰で仕上げているのが最も一般的です。

 そして扉は防犯のためか窓の無い鉄板製の扉が多く、ロックする部
 分は2重3重4重のロックがかかるようになっています。

 それでも空き巣狙いが多く、その道のプロは容易に侵入し、貴重品
 を盗み出しているようです。

 アパートでは、住む人が変わると必ず扉のロックを交換するのが普
 通です。新しい人が、前に済んでいた人が合鍵を使って室内へ進入
 し、盗難に合うことを避けるためです。

 新しく部屋を借りたときは、全て交換するのが常識となっています。
 それほど中国での盗難は多いです。

 お金、テレビ、パソコン、自転車・・根こそぎ持っていかれます。
 

 

 回りが全て鉄筋コンクリート製で鉄製扉なので、室内の雰囲気が日
 本に比べて冷え冷えとした感じになっています。

 夏は涼しくて良いのですが、冬は零下まではいかないにしてもスト
 ーブも無いため、とても寒く感じます。

寝室

 床にふとんを敷いて・・ではありません。
 アメリカ式というか、全てベットです。床の上に置いて、その上に
 マットとシーツ、上にはふとんや毛布といったかたちです

キッチン

 安いアパートの場合は、1畳程度のキッチンが部屋内にあります。
 火を使う関係上、別の小さな小部屋となっており、ベランダとつな
 がっている場合が多いです。

 火事はガス爆発対策だと思います。

トイレ

 室内ですが部屋の隅の部分を小部屋化して、その中がトイレになっ
 ているケースが多いです。水洗式。

生活

 一般の人達のほとんどはこういったアパート的建物に、一人住まい
 あるいは2~3部屋のところに家族4、5人が住んでいます。

 若い遠方から出てきた人はお金がないため、二人あるいは三人共同
 で一部屋に住んでいるケースも多いです。

アパート代

 上に書いたような部屋の場合は、とても安いです。部屋数が1つの
 場合(広さは12畳程度)だと、1ヶ月300元程度で、日本円に
 すると4,500円くらいです。


a:2046 t:1 y:2