トップ挨拶と敬称について

挨拶と敬称について

 初対面の時、日本語では「はじめまして」とか
 「お初にお目にかかります」「よろしくお願いいたします」などの
 表現があります。


 あいさつ

 中国語にも
 「初次见面(chūcì jiànmiàn)」や「请多多关照(qǐng duōduō guānzhào)」
 など似たような表現がありますが、
 日本語のように頻繁に使われることはありません。

 仕事の関係で初めて会った人に、「初次见面」と言われたことは、
 一度も無かったように思います。(こちらは言っても)

 一般的には、「你好!(nǐhǎo)」だけで十分ですね。

 相手が目上の人であったり、取引き先の人であれば、「您好!(nínhǎo)」
 といえば丁寧な言い方になります。

 もっとも、中華社会では、友人など親しい者同士が出会っても、
 「你好」とは言わず、「最近調子はどう ?」とか「仕事は順調 ?」など
 のような言い方をしていますね。
 

 

■例文

 ・最近好吗?     最近調子はどう?(=最近良いですか?)
  zuìjìn hǎo/hào ma

 ・工作怎么样?    仕事はどうですか?
  gōngzuò zěnmeyàng

 ・好吗?       調子良い?(良いですか?)
  hǎo/hào ma

 何はともあれ、中国で初めて挨拶するときは、
 相手の目を見てにっこり笑って、「你好!」というのが一番ですね。

 そしてしっかり握手をするようにしていました。

 握手

 一方、敬称ですが、
 日本語では人に敬称を付ける場合は、男女に関係なく名前の後ろに「様」を
 つけています。

 しかし、中国語では英語の「ミスター」や「ミセス」「ミス」と同じように、
 男女それぞれ別々の敬称が使われます。

 男性には「先生(xiānsheng)」、女性には「小姐(xiǎojie)」で、
 これを名前のあとにつけます。

 したがって、中国語の「先生」は日本語の「先生」と意味が全く違うので、
 注意が必要です。

 中国語では教師の敬称としては、男女ともに「老师(lǎoshī)」を使います。
 

a:1403 t:1 y:0