トップ中国のあれこれ携帯電話とメール

携帯電話とメール

 中国滞在中はとにかく携帯電話のお世話になりました。
 同僚との連絡、現地友人との連絡、仕事上での確認・・・。

 my mobile phone

 女性の友人ができてデイトを申し込もうと思っても、相手の住んでい
 るところを知らない自分としては、ただ携帯の番号を頼りにダイヤル
 プッシュするのみ。

 携帯は、特に海外ではなくてはならない本当に大事な必需品の一つで
 した。本当にいろいろな恩恵がありますが、一番ありがたかったこと
 は次の2つ。

 1)いつでも日本人の同僚と連絡が取れること。

  異国の地に一人だけポツンといるわけで、何かあったときにはすぐ
  に電話して確認したり、アドバイスを受けたり、応援を頼んだりす
  ることができるということは、どれほどありがたかったことか。
   
 2)友人とのメールのやり取りで、中国語が上達。

  中国へ行った当初はまだ何も話せる状態ではないし、文章もまった
  く読めない状態でした。

  そういったとき、現地の友人が携帯にメールを送ってくれ、それを
  必死に翻訳したり、同じ文章を引用して他の人に返信をしたりなど、
  時間をかけて一生懸命メール連絡をしていたものです。

  そのことが、わたしの中国語を急激に上達させてくれたのは、間違
  いありません。
 

 

メールで日常会話を勉強

 女性の友人からメールが届くと、特に必死にそれを翻訳し、返信の文
 章を作って送り返したものでした。

 何ごとも不純な動機でやろうとする場合の方が、投入するエネルギー
 が圧倒的に強いと感じています。

 mobile mail

 男の友人からのメールなら、まあ少しあとでゆっくり内容を確認して
 から返信すればいいや・・というスタンスですが、若い女性からのメ
 ールだと、食べている食事を中止してでも内容を確認し、すぐに返信
 をしたものです。

 この不純なエネルギーが、中国語の習得に大きなパワーを与えてくれ
 たのは、間違いのない事実です。

 あなたももしも中国に行くことがあったなら、まずは女性の友人を作
 り、毎日メールのやり取りをするのが良いと思います。

 need phone

 本当に短期間で、メールのやり取りとその部分の話題の会話ができる
 ようになりますよ!保証します!!


  

中国の携帯

 中国では NOKIA、SUMSUNG、SONY ERICSON・・というあたり
 がポピュラーでした。

 わたしが滞在していたのは5年ほど前のときでしたので、ここ最近で
 はずい分様変わりしてきているようです。

 あのジャイアントだった NOKIA がすたれて、SONY ERICSON も減って
 きており、一方で SUMSUNG と I-Phone がスマートホンでどんどん拡
 大していっているとのこと。

 携帯は戦国時代の真っ只中のようです。

 smart phone

中国携帯の通信費

 中国では携帯は割と高価ですが、その代わり通信費がすごく安かった
 のを覚えています。

 ちなみにメールの通信費を請求明細書から計算してみたことがあり、
 とにかく安くて1回0.1元(1.3円)でした。

公衆電話

 やはり携帯が全盛期で、公衆電話は少ないという印象です。周りを見
 回してもすぐには見つかりません。

 その代わり、個人商店などがスーパーの入り口横に数台の電話ボック
 スを設置し、お金を取って電話をかけさせるというやり方をしていま
 した。おそらく個人事業でしょうね。

 telephone box

 会社で働いていて、稼いだ給料のほとんどを故郷の家に送るまじめな
 人たちは、用事があるとその電話ボックスから掛けていたものでした。

 そして長い期間働いて、少しお金が溜まると一番に買いたがるものは、
 何といっても携帯電話でした。

 mobile shop

 どこの国でも同じですね!
 

a:2163 t:1 y:0