トップ私が選んだ教材

私が選んだ教材

 わたしが中国語の勉強に使っていた教材は、主に次の5つです。
 中国へ赴任してからこれらを使って中国語を勉強したのですが、わた
 しの場合は、これで十分でした。

 1)中国語の勉強本(CD付)
 2)mp3プレーヤー
 3)中国語入力用ソフト
 4)ミニノート(自作、単語・基本文暗記用)
 5)中国携帯

1)中国語の勉強本(CD付)

 全部で8冊くらいの本を買いました。それぞれ特徴のあるものだった
 ので、その都度それぞれの良い部分を見ては、勉強していたのを覚え
 ています。

 中国語を少しずつ覚えていくにつれて、結局は2冊の本に集約してい
 きました。「基本文」関係の本と「文法」関係の2冊です。

 話せるようになってから本のことを考えてみたら、やはりこの2冊を
 しっかり勉強すれば日常会話をするくらいでは、十分だという結論に
 なりました。

 いずれの本も例文はたっぷりと載っています。
 正式な本のタイトルは、次の通りです。

 ①80パターンで話せる 中国語会話

  

   ペレ出版、著者:劉暁君、味園由美、ISBN 978-4-86064-142-9


   80パターン1  80パターン2

  
   とにかくこの本は見易くてわかり易かったです。
   この80パターンの基本文を見て、恐らく60パターンまでやれ
   ば、通常の日常会話は問題なくできると思いました。

   例文も多く、全てCDの中に音声データが入っているので、中国
   語で重要な位置を占める発音も、十分に勉強することができたと
   思います。
 

 

 ②ゼロからしっかり学べる 中国語文法トレーニング
   高橋書店、著者:宮岸雄介、ISBN 978-4-471-11271-4

  

   文法トレーニング表紙  文法

   文法説明のわかり易さでは、この本がNo1でした。単語の変化
   や語順のルールなど、とてもわかり易く例をあげて解説されてい
   ます。

   文法を意識せずにとにかく回数を聞いて・・という覚え方もある
   でしょうが、わたしの場合は、しっかりとそのルールを覚えた方
   が、その考え方や変化がわかり、結局は記憶にしっかりと定着し
   たものでした。

a:8337 t:1 y:1