トップ突然中国語がわかるようになった不思議な体験

突然中国語がわかるようになった不思議な体験

50歳になるまでに、中国には2回の訪問と3ヶ月の滞在経験がありました。
いずれも臨時の滞在ということだったので、中国語を覚えるという気はまったくなく、ずっと「あと○日で帰れるな‥」くらいの気持ちでいたのを覚えています。

そのときは英語を勉強していたときだったので、中国語までやろうとは全然考えていませんでした。なので、中国語はまったくわからず話せずという状態でした。

ところが53歳になってから会社の都合で中国に赴任することになり、そのとき初めて真剣に中国語をやろうかどうか考え、「よし、中国語も話せるようになろう!」と決心したのでした。

決心

英語はずっと続けようと思っていたのですが、中国に来ることになったのはそれも何かの縁と考えて、やろうと決めたのでした。


決心と結果は別・・

ところが決心はしたものの、どう勉強したら良いのかまったくわかりません。
また、教えてくれる人もいません。

予備知識もまったくないところからのスタートで、まずは買ってきた中国語のテキストを少しずつ眺めることから始めたのでした。

予備知識の無い状態でただ眺め続けていても、少しずつわかってくるという感覚もありません。手応えのない状態なのでよけい気乗りもせず、まったく進捗が感じられない1ヶ月が、あっという間に過ぎたのでした。

歩いて街の様子を見に行ったことが何回かあるのですが、店の看板を見てもその店が何の店なのかが、さっぱりわかりません。

店の中を覗いき並べてある商品を見てはじめて、何の店なのかがわかるという状態でした。こんなんで話せるようになるんだろうか・・と、とても不安になったのを覚えています。

しかし初めは誰でもそんな状態になるんですね。
あまりにも環境が違っているので、違和感がどんどん前に出てくるから。

あとで考えると、これほど日本語と共通点の多い言語はない・・などと感じることになるのですが、そのときは共通点ではなく異なるところだけに目がいっているからでした。

 

いつものやり方でスタート

嘆いていても仕方がないので、英語学習を再開したときに効果のあったやり方を、今回もやってみることにしました。

テキストにさらっと目を通したあと、毎朝のウォーキングのとき、とにかく解説付CD(mp3)をよく聞いて、少しでも中国語音声を耳に馴染ませるようにしたのです。

walking

このように独学ですがあきらめずに勉強し続けると、やはり成果はでてくるものです。
中国語を勉強していると知った中国人たちが、少しずつ近づいてきて話し掛けてくるようになり、実習のチャンスがすごく増えていきました。

そうこうしているうちに、だんだんと中国語の勉強が楽しくなってきて、勢いがついていきました。友人ができるというのは本当に楽しくて刺激的で、毎日に張り合いができてくるんですよね。

5ヶ月くらい経った頃には、カタコトで意志の疎通ができるようになっていました。
そして、仕事が終わったら按摩に行き、よく中国語を教えて欲しいと頼みながら会話をしていたものです。(そのときの料金は、1時間約450円でした)

そのように実践練習を何度も何度も続けた結果、約1年で特に不自由なく世間話ができるようになりました。3年以上滞在している日本人の同僚がほとんど話せない中で、唯一中国人スタッフと中国語で会話ができるようになったのです。

不思議な体験

話は変わりますが、中国語を勉強していてコミュニケーション力(もちろん中国語での)が「グンッ!」と伸びたと感じたことが2回あります。

1回目は単語と簡単な文がすごい短期間で頭に入って、中国語でのメールのやり取りができるようになったとき。

もう1回は、とても不思議な体験をしたときのことです。

そのときまで勉強して覚えた知識と中国語音声への慣れが、ある転換点に達したときのことだと思うのですが、今までまったく理解できなかった中国人同僚たちの世間話が、突然わかるようになったのです。

いつもは理解できない英語を聞いているような状態から、突然世間話をしている中国人が、日本語を話し始めたような・・。

スイッチ

まるで何かのスイッチが入ったような感じでした。
あたかも翻訳機の電源スイッチを誰かが入れたような・・・。

1回目のときもすごく感動したのですが、やはり2回目の突然同僚の会話が聞こえるようになったときは、その感動はとても強烈でした。

何ごともそうですが、自分でコツコツと積み重ねてきたことによって、自分の力が間違いなく伸びていることをはっきり感じることができたときは、本当にうれしいものです。

そしてそのようなときは、次のための新しいエネルギーが沸々と湧き上がってくるんですよね。

そのようなことは、なぜ起こったのか?
どんな勉強の仕方をしたからなのか・・?

このあと、当時を振り返りながら少しずつ書いていきたいと思います。
 

◆トップへ戻る
a:992 t:1 y:1