トップ2つの疑問文の作り方

2つの疑問文の作り方

 中国語には2つの疑問文の作り方があります。

語気助詞「吗」を使う

 一つは、平叙文の文末に疑問を表す語気助詞の「(ma)」をつけて
 一般疑問文を作るやり方です。

 とにかく通常の文の最後に「」をつけて、語尾を上げて話すと疑
 問文に変わるので、とても簡単です。

 例えば、

 (1)你好?     元気ですか?
    nǐhǎoma

 (2)你身体好?   お変わりありませんか
    nǐ shēntǐ hǎo/hào ma

 (3)她是老师?   彼女は先生ですか?
    tā shì lǎoshī ma

 英語のように、語順を入れ替えたり変化させたりする必要がありま
 せん。

 英語を勉強していた頃、中国語でのこの疑問文の作り方を知って、
 本当にシンプルでいいなと思ったものです。

 

疑問代名詞「谁、什么、哪儿、等」を使う

 もう一つは、疑問代名詞「(shuí)、什么(shénme)、哪儿(nǎr)等」
 を用いて作るやり方で、疑問文の語順は平叙文と同じです。

 平叙文の中の質問にあたる部分を、疑問代名詞に変えると疑問文に
 なるのです。このやり方も、とても簡単です。

 こんなに簡単で良いのか?・・と思ってしまうほどです。

 例えば、

 (1)他姓什么     彼の姓は何ですか?
    tā xìng shénme
 
 (2)你叫什么名字?   あなたは名前は何といいますか?
    nǐ jiào shénme míngzi

 (3)是大卫?     誰がデビットですか?
    shuí shì dàwèi

 (4)玛丽在哪儿    マリーはどこにいますか?
    mǎ lì zài nǎr

a:5898 t:4 y:5