トップ疑問代名詞「什么」:疑問以外の用法

疑問代名詞「什么」:疑問以外の用法

疑問代名詞「什么」は疑問文として疑問を表す使い方以外に、次のようないくつかの使い方があります。聞いたときにわかるよう頭の片隅に入れておきたいものです。

what


1)「什么+的」という使い方

一つまたは列挙されたいくつかの成分のあとにつけて使うと、「など」あるいは「‥‥といったようなもの」という意味になります。
例えば、

(1) 我想买点儿点心什么的。
  wǒ xiǎng mǎi diǎnr diǎnxin shénme de
  お菓子などを買いたいのです。

(2) 跑步,打球,游泳什么的,他都喜欢。
  pǎobù , dǎqiú , yóuyǒng shénme de , tā dōu xǐhuān
  ランニング、野球、水泳など、彼はすべて好きです。

2)不確定な人・物事を指すケース

「什么」を省くと、意味は変わりませんが、よりストレートな言い方になります。
例えば、

(1) 没什么好点心。
  méishénme hǎo diǎnxin
  あまりいいお菓子がありません。

(2) 你去上海,我没什么不放心的。
  nǐ qù shànghǎi , wǒ méishénme bùfàngxīn de
  あなたが上海に行って、私が心配するのは何もない。

 

3)「什么」が不特定なものを指すケース

「都」あるいは「也」の前に使われて、話題になる範囲では例外がないことを表します。
例えば、

(1) 王兰病了,什么都不想吃。
  wáng lán bìng le , shénme dōu bùxiǎng chī
  王蘭は病気になって、何も食べたくありません。

(2) 我什么也不知道。
  wǒ shénme yě bù zhīdào
  私は何も知りません。

4)2つの「什么」前者が後者の内容を決定

前後二つの「什么」を対応させて、前者が後者の内容を決定することを表すというケース。
例えば、

(1) 去小卖部看看,什么好就买什么。
  qù xiǎomàibù kàn kàn , shénme hǎo jiù mǎi shénme
  売店へ行って何かいいものがあったら買います。

(2) 什么最好吃,我就吃什么。
  shénme zuì hǎochī , wǒ jiù chī shénme
  すごくおいしいものはすぐに食べます。
 

a:313 t:2 y:1