トップ3ヶ月で中国語が話せるようになった勉強方法

3ヶ月で中国語が話せるようになった勉強方法

 わたしは中国語を3カ月で話せるようになりました。
 もちろんカタコトでですが。

 簡単な日常会話、休日の予定の相談、待ち合わせ場所などについて、
 すでにコミュニケーションできるようになっていました。

 自分ではかなり早く話せるようになったと思っています。

 そしてそれは、自分の学習のやり方が、たまたま的を射た効率の良い
 やり方だったからだと考えています。

 今回はその部分について、まとめ直してみました。

初期の学習方法

 いきなり結論ですが、最初の 3カ月は次の三つのことだけを重点的に
 やりました。

  1)一番役に立つと思える基本文をピックアップして暗記
  2)とにかくよく使われると思う基本単語の暗記
  3)入れ換え練習

 そしてこれら三つをやるにあたり、絶対に欠かせない最重要な
 ポイントがあります。

 それは「ピンイン」です。    >>>最も重要なピンイン

 「ピンイン」は、簡体字の「発音」と「四声」を表すもので、
 中国語を発音し、さらにその単語の意味を表すものなのです。
  ピンイン発音四声

 そしてもう一つ付け加えると、発音を正しく行ってもこの「四声
 を正しく守らないと、全く相手に通じません

 英語ではイントネーションが非常に大事ですが、それでも少しだけ
 間違っても、それなりに通じるという部分があります。

 しかしながら、中国語の場合は少し間違っただけで全く通じないと
 いう結果になります。同じ発音でまったく意味の異なる単語が多数あ
 るため、この四声で使い分けているためです。

 重ねて申し上げますが、この部分が中国語を学ぶにあたり最も重要
 だったと考えています。

 長年滞在している日本人同僚の英語がほとんど通じない中で、わたし
 の中国語がよく通じたのは、このピンインと四声を正しく理解し守っ
 たからにほかなりません。

 

番外編:友人とのメールのやり取り

 最初はほとんど話が通じないので、しばらくはメールだけでやり取り
 をしました。

 ■相手から届いたメールを中日辞書(電子辞書)を使って内容を確認
  ・メールの文章をノートに書き写し、その文章構造を解析し翻訳
  ・よく使われる語は、しっかりとマークをしました

 ■返信文は日中辞書(電子辞書)を使い、漢字を並べて作文
  (1-2行の文で)
  ・いつも連絡し合う関係の文(時間 / 場所の連絡。情報確認など)
   ⇒ これがすごく作文の練習になった

★ポイント1:

   英語と同じ感覚で並べただけ
            ⇒ これでほとんどは通じました

  ⇒以後、自分で友人にメールを出すときは、このノートに書かれた
   文例をお手本に、何度もメールを作っては出したものでした。

  ⇒中国語の学び始めの頃において、これをやったことがすごく早く
   話せるようになることにつながりました。この練習により、会話
   で楽に単語の入れ替えをしながら、発話することができるように
   なったと思っています。

ポイント2:

   はじめのころは、まずはライティングで単語入れ替え練習する
   のをお勧めします。

   いきなり会話で単語を入れ替えしながら話すのは、かなりむず
   かしいです。自分にとっては友人とのメールのやり取りが、
   この訓練の代わりになり、大きな効果につながりました。

ポイント3:

   日本語を話せない友人の確保が大事。(あるいは環境作り)

   その心は、絶対日本語は使わない、中国語だけの時間に浸れる
   という環境作りが、短時間での調達につながったと思っている
   ということです。英語でもまったく同じですね !

   ⇒ 頭を完全に中国語モードにする訓練、及び
     その中で長時間過ごすことに慣れる訓練ということ。

  以上のことをしっかり意識して学習を続けるならば、
  必ずや 3カ月で中国語を話せるようになりますよ !
 

a:14818 t:1 y:1